TavernaLAPUTA
TavernaLAPUTA


<< 夏のおもひで | main | 標高800m近くありますから >>



ハモンと言えば?

     本日も皆様のご来店ありがとうございました


お久しぶりです。


世界名作劇場シリーズに出て来るちょっといじわるなおばさんは、
みんなロッテンマイヤー(と言う名前)さんと思ってしまうラピュタ人です。




知人にもっとブログを更新するよう怒られました。。。






このブログは、飲食店のブログなのに食べ物の話をあまり書いてません。


あんまり書くと宣伝みたいでイヤラしいかなぁと思ってるのですが、、、たまには、、ね。




ブログのネタ的にもね、、、いいですかね、、、飲食店ですもんね。




ハモンと聞いて思い出すのは、ランバ・ラル大尉の奥さんか、スペインの生ハムかと
思いますが、今回はマ・クベの策謀による白兵戦や、主人公に与える影響力、
ザクとの違いは置いといて、生ハムのお話をします。

心の中で既に、ジークジオン!と叫んでいる熱狂的な方々には申し訳ないのですが、
今回は、飲食店のブログらしく持っていこうかと思います。



ハモン・セラーノと言うスペインの生ハムがあるのですが、主に白豚の後ろ足で作られます。
ハモンと言っても作るハム会社によって使用する豚は異なリ、ランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種の3種を掛け合わせた三元交配種の白豚から、独自に開発した四元交配種などを使用し、各社味が異なります。



上記の豚の前脚で作られた物をパレタ・セラーナと言います。
ハモンとはまた違った味わいがあります。






なぜ、こんな事を長々と書いているのかと言うと、









パレタ・セラーナ入荷しました。







前振りがあまりにも長過ぎて、本題で失速気味になってしまい、
特にロッテンマイヤーさんのくだりは要らなかったのではないかと反省しつつ、
最後に一言。




「パルマとは違うのだよ。パルマとは。」




posted by ラピュタ人 23:16comments(0)trackbacks(0)


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。